不動産投資をはじめる前に|家賃保証について知っておこう

マンション

ハイレベルな不動産投資

ワンルームマンションはサラリーマンにも人気があり、保有する物件が古くなった場合には、速やかに売却するのが理想的です。セミナーで投資マンションの売買について学んだうえで、発展が期待できる地域の物件を購入するのが、賢い資産運用の戦略です。

積み木と紙幣

より魅力的な不動産投資を

日本経済が長らく停滞している現在、投資家の間で注目されるようになっているのが海外不動産投資です。利回りが高く魅力的な海外不動産投資ですが、あくまでも日本国内ではなく海外の不動産投資だということで法律や習慣について事前に調べておかないと思わぬ失敗も考えられるので注意が必要です。

模型と硬貨

初めてのマンション経営

株投資と違って不動産投資は一挙に儲けることはできませんが、安定した収入を得ることができます。定年後の生活設計を立てるには適した投資法です。初心者が胆に命じるのは不動産投資は投資ではなく経営だという点です。いかに入居者を確保し、退室者を出さないかが大事です。そのためには基本的ノウハウが必要です。

お金のなる木

不動産をもつメリット

昨今の低金利の時代においては、銀行預金のみで資産を増やすことは極めて困難です。その中で不動産投資は安定した不労所得を得られ、政府手簿のインフレの波に乗ることもできます。この機会に一度勉強してみてはいかがでしょうか。

手の上の不動産

賃貸経営に役立つサービス

家賃保証は、賃貸住宅の入居者が負う家賃等の債務に対し、専門の事業会社が支払いを保証するというサービスです。滞納が発生した場合は入居者に代わって弁済してもらえるので、家主にとっては債権回収を確実にすることができます。

賃貸物件を借りられます

ウーマン

職業などによって利用可能

賃貸物件を借りようとするときに必要になるのが、連帯保証人の存在です。しかしながら、近年、非正規雇用労働者の増加や収入が不安定な人などが増加してきたことによって、連帯保証人制度が崩壊しつつあります。このため、多くの不動産業者では連帯保証人制度の代わりに、家賃保証を行ってくれる業者を仲介させるケースが増加してきています。家賃保証をおこなってくれる業者は万が一、入居者が家賃を支払えなくなった場合に一時的に代わりに家賃を貸主に支払ってくれる仕組みになっています。借主側は一時的に支払ってもらった家賃を家賃保証専門会社に返済する形で成り立ちます。また、入居の際や更新の際には、家賃保証専門会社に家賃の数か月分を保証料金として支払うことで契約を成立させることができます。家賃保証会社を利用するメリットとして挙げられるのは、借主側は収入が不安定な場合においても希望する賃貸物件を借りることができるのです。一方、貸主側のメリットとして挙げられるのが、家賃を確実に保証してもらえるため、家賃収入を安定させることができる点です。滞納などを予め回避することができるため、貸主側は安心して大切な物件を提供することができるのです。このように家賃保証専門業者を仲介させることによって、借主側にも貸主側にも大きなメリットがあります。家賃保証専門会社が提供するサービスは時代のニーズにマッチしていることから、最近では利用者が増加傾向です。