マンションをお得に売却する秘訣【不動産投資のノウハウをチェック】

賃貸経営に役立つサービス

手の上の不動産

債権回収に確かな備え

アパート・マンション経営は有効な不動産投資の手法として長らく人気を集めていますが、新規参入者の増加によって入居者獲得の競争も徐々に激しくなってきています。そのため、時には連帯保証人を見つけることが困難な入居者、たとえば高齢者や外国人などを受け入れる必要が生じることがあります。こんな時に利用すると便利なのが、家賃保証サービスです。家賃保証とは、賃貸経営における家賃等債権を安全に確保することを目的としたサービスです。具体的には、賃貸借契約の締結時に専門事業者である家賃保証会社が介在し、万が一家賃等の滞納が発生した場合には保証会社が入居者に代わって弁済します。会社によっては、退去時の原状回復費用や明け渡し争訟に係る費用なども保証の対象になります。このサービスを利用すれば、家主は債権が回収不能になってしまうリスクを低減できることになり、賃貸経営に安定性がもたらされます。また、これまで連帯保証人が立てられないことで賃貸住宅への入居や転居をためらっていた人たちの利用をも促すことになるため、所有物件における稼働率の向上が期待できます。さらに、家賃保証会社の中には毎月の家賃を家主に代わって回収し、未納の場合は家主に対しては代位弁済を行いつつ、入居者に対しては自ら督促するというサービスを手がけているところもあります。こうしたタイプのサービスを活用すれば、月々の家賃収納業務をそっくり委託しすることも可能になります。