マンションをお得に売却する秘訣【不動産投資のノウハウをチェック】

不動産をもつメリット

お金のなる木

どんなメリットがあるか

昔と違い、好景気というものを経験していない最近の若者は副業や不労所得など、貯蓄に熱心です。そのような若者に注目されているのが不動産投資です。本業以外にも収入源が欲しいという人が投資用のマンションを購入検討する人が増えています。実際毎月数万から十数万の不労所得が得られるのは大きなメリットですしですし、購入した物件の不動産価値が上がれば売却益も得られるので、これだけでも不動産投資は非常に魅力的に写りますが、収入が得られること以外にもメリットがあります。まず相続税の優遇です。不動産は相続税の計算基準となる評価額は、現金としての評価と比べて低く見積もられます。株などの有価証券も評価額は相続時の時価で計算されますが、不動産は相続時の評価額より三割程低く計算されます。そのような理由もあり相続税の対策として不動産投資を行う年配の方もおられます。そしてインフレヘッジ高価です。一般的にインフレに見舞われた場合は銀行などに預けている現金の価値が目減りし、同じ金額でも紙幣の価値が下がります。例えば五〇年前の百万円は現在の価値で千万円の価値があります。お金の価値が下がる一方、不動産や有価証券の価値は上昇します。特に不動産の場合、家賃が大幅に減少することは少ないうえ不動産価値が高まれば売却益を手にすることもできます。現在政府手簿で脱デフレが叫ばれる昨今においては、不動産投資は将来性のある投資先と考えることもできるでしょう。